姫路市・たつの市・太子町・相生市を中心にお仕事をさせていただいています、八田(はった)石材の八田俊之です^^太子町佐用岡墓地にて、墓地内でのお墓の移設をさせていただきましたので、ご紹介します!

 

揖保郡太子町 佐用岡(さよおか)墓地 上の方のお墓を、墓地内の下の方へ移設

 

お隣の太子町佐用岡にお墓をお持ちの方からご相談をいただきました。山の上の方にあるお墓を、墓地内の下の方へ移設することをご希望でした。以前、施主様の奥様のご実家のお墓を同じように下ろしたことがあり、今回は奥様のご実家からご紹介いただきました。ありがとうございます!

 

こちらが移設前のお墓です。和型のお墓本体と霊標、墓前灯篭一対と物置石があり、とてもきれいにされているお墓でした。この写真だけではわかりにくいですが・・・

 

お墓の後方から見るとこんな感じです。こちらの墓地は山なりにある墓地で、お客様のお墓はその中でも上の方にありました。とても見晴らしはいいのですが、舗装された階段があるものの狭く急で手すりもなく、車を停めてここまで登ってくる数分間、山の中を上っていくような道が続きます。お施主様は私と変わらないくらいの年齢の方でしたが、「自分でもお参りするのがしんどいから、親はなおさら大変で・・・」とお困りだったそうです。下の方の区画が空いていたので管理の方へ相談し、移設することにしたということでした。

 

お墓を取り外し、移設の準備をしました。今回は、お墓本体と花立や蝋燭立て、拝石と霊標、灯篭一対と物置石など、すべて移設します。墓地の決まりで、外柵は残したままです。最近は、地方に行けばいくほど、山の上のお墓を下ろしてお参りしやすいところに移設するというご依頼を多くいただくようになりました。

 

こちらが移設される先の墓地です。道路からすぐのところで水場にも近く、お参りにはとても便利なところです。外柵だけを作って使用されなくなった墓地のようでした。草が伸び放題で、手前に見えている階段など、外柵の石にもずいぶん汚れが付いています。お墓の設置前に、まずはここを整地するところから開始です。

墓地内の草を刈って、中の土を半分ほど掘り出し、土の入れ替えを行いました。次に、砕石を入れてしっかりと地盤を固め、納骨室を作成します。外柵の汚れも洗浄してきれいにします。その後、下ろしてきたお墓を据え付けて、霊標や灯篭、物置石なども設置して、玉砂利を敷いたら完了です。

 

移設が完了しました!

お施主様のご希望でお墓はそのままに、霊標は色の入れ直しをしました。外柵の汚れは特におっしゃっていませんでしたが、ずいぶん汚れていましたので、今回は当店からのサービスできれいにさせていただきました。お施主様にも大変喜んでいただけました。

 

お墓や灯篭などそれぞれの配置についてはお任せいただき、基本的には以前の配置と同じようになるようにしました。ただ、移設先の墓地は向かって右端に入り口階段があるため、入り口をふさがないように右の灯篭を設置、それと対称になるように左側も設置し、お墓と拝石をその中央に、物置石はお墓の左手、霊標は右手と以前のように配置しました。しっかり砕石を入れて固めているので草も生えにくくなっています。五色の玉砂利を敷き直して、さっぱりと明るく仕上げました。

お施主様には、「きれいにしてもらってありがとう!」と大変喜んでいただけました。昨年末にご依頼をいただいていたにも関わらず、当店の仕事の都合でお待ちいただくことになり申し訳ございませんでした。快くお待ちくださって、作業中には差し入れもいただき、本当にありがとうございました。これからは、気軽にお参りにお越しになれますね! 何かお困りの際は、どうぞまたいつでもお声かけください。