姫路市・たつの市・太子町・相生市を中心にお仕事をさせていただいています、八田(はった)石材の八田俊之です。 今回は、姫路市妻鹿の地域墓地で、変型墓地に鳴門青石の物置石が素敵なお墓を新設しましたので、ご紹介します!

 


【完成したお墓のお写真】

 

今回のお客様は、当社のホームページをご覧になってご相談くださいました。お客様のお住まいの近くの地域墓地に以前から墓地をお持ちで、このたび奥様のお母様が亡くなり、お墓を建てたいとご希望でした。ご家族はご健在のお父様と、すでに嫁がれた娘さん達ということで、お墓を建てるかどうか当初は迷われたようですが、お父様が「お母様のためにお墓を建てたい」とおっしゃったことで、建てることにされたそうです。

お客様のご希望のひとつは、墓地の敷地が変型しているので、その墓地に合わせたものをということでしたので、まずは実際に現地に行って確認です!

 

こちらがお墓を建てる敷地です。こういった変形した墓地で、奥まったところにありました。ご希望としては、まずはこの場所に合ったお墓であることと、そして周りのお墓の方も含めてお参りがしやすいお墓であることでした。周囲の方も高さのあるお墓を建てられていたので、巻き石の高さなどはそれに合わせて、周囲と調和するように設計いたしました。

 

基礎工事の状況です。印の土が残っている部分は、お墓の下のカロートの部分に土を残すためにこのような形で工事をします。このあとに、カロートを支える基礎を施工します。このお写真では、左側に向かってお墓が建つ予定です。

 

据え付けが進んで、外柵がほぼ完成してきたところです。黄色のテープが貼ってあるところは、据え付けをしたあと石と石の間に水が入ったりしないよう、シリコンでコーキングして、目地を打っている箇所です。

お客様は洋菓子店をされていて、日中はなかなか工事を見に来ることができないとのことでしたので、工事中はこうした様子を写真に撮って、細かく進捗状況をお知らせしていました。

 

お墓を設置しているところです。下の台から順に据え付けていって、一番上の仏石を据え付けているところです。小ぶりのクレーンはなんとか入ることができたので、慎重に、かつ周りのお墓にも注意しながら据え付けていきます。

 

完成です! とても柔らかな印象の明るいお墓に仕上がりました!

お客様のご希望で、細部にわたってすべて丸みをつけた設計にしました。お墓本体、花立てやお線香立て、法名碑や外柵・階段の踏み石部分まで、すべてにアール加工を施してあります。お母様のあたたかいお人柄をイメージされてのこだわりのポイントです。お線香立ては、浄土真宗でいらっしゃたのでお線香を横に寝かせるタイプのものを作りましたが、こちらも丸みが特徴的なデザインです。

手前にある自然風の丸い石は、鳴門青石で製作した物置石です。色合いのとてもきれいな石で、お母様のお好きだった色だそうです。丸みのあるデザインも、この物置石にしても、皆様が亡くなったお母様を大切に思われていることがとても伝わってきますね。

 

お墓を東向きにするため、手前に通路を確保して石張りにしました。お参りの際は、お墓の後方からこの通路を通って来られることになります。

お墓が完成して、お客様が寄せて下さったお言葉です。

家内の実家の墓の建立で大変お世話になりました。
ホームページを拝見して無料相談から始まった御縁ですが掲載通りの誠実な対応・施行をして頂きました。
相談から建碑法要までの間に交わしたメールは膨大な数でしたが、細かな質問への丁寧な返信、要望への真摯な対応に心から感謝しています。
行動も迅速で、メールで伺ったことに対し、直ぐに現地に行き撮影した写真と共に返信を頂いた時は感動すら覚えました。
奥まった施行の難しい墓地でしたが気持ち良く引き受けても貰えました。
建碑法要の日も酷暑の中、奮闘して下さりとても有り難かったです。
お陰様で柔らかな印象の良い墓に仕上がりました。親族一同大満足です。

お忙しい中本当にありがとうございます!

お客様のお言葉にもあるように、今回はお客様とメールでたくさんのやりとりをさせていただいただきました。お墓の図面についての内容はもちろん、お墓についての細やかなご質問にお答えしたり、工事中にも途中経過の写真を送って見ていただいたりと、様子を見に行きたいお気持ちはあってもお仕事でお忙しくされていて難しいお客様に、安心していただけるようなご対応を心がけました。ある時は、「たくさん雨が降ったらお隣のお墓に水が流れてこんでしまうのでは・・・?」とお父様が心配されている!とのメールをいただいたので、雨の日にすぐに現場に確認をしに行って写真を撮り、「こういう状況なので大丈夫ですよ」とお返事をしたりしました^^

こんなにお客様とたくさんのメールのやりとりをさせていただいたのは私も初めての経験でしたので、試しに数えてみると70通(!)を超えるメールのやりとりをさせていただいていたのですが、 その細かなやりとりのおかげで、お客様のご希望を忠実に実現することができ、安心してお仕事をお任せいただけたのだなと、とてもありがたく思っております。また、そうしたやりとりも含め、お墓について熱心に学び真剣に考えて、よりよいお墓を建てたいと願う皆様の様子からは、亡くなったお母様へ愛情がひしひしと伝わってきました。私としても気を引き締めて、よりいっそう真剣に、丁寧に仕事をさせていただきました。今後、なにかお困りのことがございましたら、いつでもお気軽にお声かけください^^

今回のお客様のお店は、『お菓子のアトリエ ラ・マドレーヌ』という、姫路市内のリバーシティのすぐ北側にある、素敵なケーキ屋さんです。私も頂いたのですが、とてもおいしかったです^^ お近くの方はぜひどうぞ♪ →『お菓子のアトリエ ラ・マドレーヌ』