姫路市・たつの市・太子町・相生市を中心にお仕事をさせていただいています、八田(はった)石材の八田俊之です^^ 太子メモリアルパークにて、銀杏面加工の素敵な高級和型墓石が完成しました。その様子をご紹介いたします!

【完成お写真 墓石・外柵等:インド産アーバングレイ 法名塔:インド産クンナム】

 

太子メモリアルパークにお墓を建てたいとお考えのお客様が、当店のホームページをご覧になり、展示場に足を運んでくださいました。「両親のためにお墓を建てたいのですが、初めてのことでよく分からないので…」という状況だったこともあり、他の石材店様にも複数ご相談されていたそうで、その後、2ヵ月程度の間を置き、「八田石材さんに決めました」と再度ご来店いただきました!(ありがとうございます!)

2度目のご来店の際には、様々な石材店様へ相談されたり、たくさん勉強された結果、お墓について驚くほどに知識を蓄えていらっしゃいました! 石種についてもインターネットで調べたり、霊園内に建っているお墓を見学されていて、アーバングレイをとても気に入ったそうで、「石種はアーバングレイが良いです。あと、銀杏面加工にしたいです。」と、一般の方は分からないであろうご希望を具体的におっしゃっていただきました^^

(※銀杏面加工…石の角の部分に丸みを持たせる加工で、「いちょうの葉」のような段のある形にする加工)

その後、お客様のご要望を取り入れながら、何度も図面を書き直してご覧いただき、ご納得いただいたデザインにて施工が始まりました。 基礎工事、耐震施工、お墓の据え付け…と工事を行い、お墓が完成しました!

 

オレンジの矢印部分は、お参りする際に滑りにくいよう、3ミリ盛り上がり、バーナー仕上げになっています。同じアーバングレイなのですが、加工の仕方で、このように仕上がりが全く違います。

また、法名塔を黒御影でおつくりしています。このあたりでは法名塔も同じ色の石でおつくりすることが多いのですが、インターネットにて関東方面のお墓をたくさんご覧になった際に、法名塔の色が違うお墓が多々あったそうです。それを取り入れ、黒御影でのおつくりとなりました。

 

お写真の中央あたりにある矢印部分をはじめ、いたるところに銀杏面加工が施されています。 また、防風のロウソク立てを設置しています。「ロウソク立てと花立の高さを同じにしたい」というご希望でしたので、通常あまり設置しない台座をつけました。銀杏面加工と合うよう、台座も丸みを帯びた加工になっています。

 

ご納骨式当日です。ご納骨のお手伝いもご依頼いただきましたので、お花や供物はこちらでご準備しています。(回忌法要の法事をお寺様で行った後にお墓にお越しになる方が多く、お墓のお花や供物の準備までが難しいため、よくいただくご依頼のひとつです。)

正面の文字は浄土真宗の信者様でいらっしゃるため、南無阿弥陀仏の文字を希望されました。素掘りの状態でもしっかりと見えるよう、深めの彫刻(お客様の場合、文字の幅の1.2倍ほどの深さ)を施してあります。

 

ご納骨前のお墓の完成時に、「お墓が完成しました」とお伝えしたところ、その日の夕方にご夫妻様揃って見に行って下さり、携帯のメールにてご連絡をいただきました。

出来上がったお墓について、ご主人様には「つくるからには、こだわった個性のあるお墓にしたかった。細かくいろいろとお願いをしましたが、親身になって対応してもらえてありがとうございました。妻も、思った通りの素敵なお墓に、大変満足し、とても気に入っております。」というお言葉をいただきました。

ご主人様には、具体的なご要望を細かにお話いただき、私もとてもやりがいを感じてお仕事をさせていただきました。建立後、お客様に嬉しいお言葉をいただき、「こだわりたい」とお考えのお客様に、ご満足いただけるお墓を仕上げることができたこと、ホッといたしました。

ご依頼いただいた当初から、携帯のメールにて細やかにご連絡をいただき、こちらこそ大変お世話になりました。今後とも、何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。お役に立つことができましたら幸いです。