姫路市・たつの市・太子町・相生市を中心にお仕事をさせていただいています、八田(はった)石材の八田俊之です。姫路市家島町にあるお墓を、姫路市西霊苑へ改葬致しました。その時の様子をご紹介いたします!

姫路市家島町にお墓をお持ちのお客様ですが、近くにお参りができるご親族もいらっしゃらないため、姫路市西霊苑への改葬をご希望でした。お問合せいただいた当初は広島県にお住まいで、遠方からのご依頼になるため、インターネットで石材店を探されていたそうです。その際、当店のホームページにたどり着いてくださいました! 後に姫路市にお引越しされたのですが、当店とはメールでのやり取りをご希望されていましたので、実際にお会いしたのは家島のお墓じまいをする際に一度だけで、全ての作業が完了するまでの約半年の間、メールにてしっかりとお話をお伺いしました。

お客様が、家島町のお墓の改葬先に姫路市西霊苑をお選びになった理由は、「随時募集されている」ことと、「車でのお参りが便利だから」というお話でした。

 

こちらが今回改葬をされ、撤去をご希望されているお墓です。お参りは年に2回程度行っていたそうですが、とても大切に、綺麗にされているのうかがえます。お骨壺は全てのお墓に入っていない状態でしたので、さっそく、五輪塔をはじめ、全てのお墓の撤去を行います。

 

撤去が完了しました。「巻石(外柵)は残しておいて大丈夫です。草が生えないようにしておいてください」と、家島町の地域墓地の管理者より話があったそうですので、このような仕上がりにしております。撤去をする霊園や墓地によって、どの状態にするのかを確認し、望まれている形でお還しできるように努めております。

その後、改葬先である姫路市西霊苑にて施工がはじまります!

 

特許技術の「安震はかもり」という特殊なゲルマットを使用し、お墓の倒壊を防ぎます。

 

お子様、お孫様・・・と、長く大切に受け継いでいっていただきたい想いで、地震対策にも、最善の技術を導入しています。

 

新しいお墓が完成しました!

「どのようなお墓にしましょうか」とお客様へお尋ねしたところ、「取得した墓地を見てきましたが、周りのお墓と調和するよう、和型のお墓にしたいです。門柱も付けたい。」というお話をいただきました。そこで、お話を参考に図面を何パターンかおつくりし、メールにてお送りして見ていただきました。その際に国産の石、中国産の石、インド産の石の3種類の石でのお見積り金額を提出しましたが、「国産の石でお墓が建てたい」というご希望をいただきましたので、墓石や霊標は香川県丸亀市が産地の青木石、外柵は中国産の御影石でのおつくりとなりました。

 

青木石は私の祖父の時代からお付き合いのある採石業者から仕入れ、加工技術としては日本で最も良い庵治産地で加工。とてもよい仕上がりとなり、お客様に大変お喜びいただきました。「家島の事情も熟知していて、網干に会社があったので即決しました。社長のメールも熱心さが伝わってきて、想い通りのお墓作りができました。ありがとうございました。」というお言葉も頂きました。

インターネットで検索をすると様々な石材店が出てくると思いますが、その沢山の選択肢の中から当店をお選びいただけたこと、本当に嬉しく思います。半年もの間、メールでのやり取りをさせていただきましたので、お客様にもお手数をお掛けすることが多々あったことと思います。ご協力いただき、ありがとうございました!

姫路市にお引越しをされてお近くになりましたので、今後、お参りの際に出てくるお気づきの点などございましたら、いつでもご連絡ください^^