姫路市・たつの市・太子町・相生市を中心にお仕事をさせていただいています、八田(はった)石材の八田俊之です。 イノシシ被害にあわれた墓石の修理をさせていただきました際の様子をご紹介いたします。

ご依頼いただいたお客様は、10数年前に当店でお墓を建てさせていただいたことがきっかけで、この度もご依頼いただきました。 ご依頼いただいた当初は「追加彫刻」「お墓のクリーニング」等をしたいというご希望で、「9月のお彼岸までに間に合わせたいです」というお話でした。(ご依頼くださったのは7月でした。)

しかし、その後、8月に入ってお参りに行かれたところ・・・

イノシシの被害にあっていることが分かりました!  土の中にいるミミズを食べるために、土の部分を掘ってしまっています。

 

入口の階段部分は、掘り起こされた土がかぶさってしまっています。 そして敷石はめくれ、お墓や花立ても傾いています。 また、巻石自体は傷ついたりもなく無事なのですが、土を全て外に出されてしまって、見えなくなっている状態です。

お名前の追加彫刻とお墓のクリーニングをご希望されていましたが、「これを機に、もうイノシシ被害にあわないよう、土のない状態にしたいです。」というご要望もいただきました。

施工が完了しました!

土を間引き、土を掘り返されることがないよう、砂利の下はコンクリートを打ちました。お墓部分は取り外し、傾きを直して据え付け直しました。まだ建てられて10数年のため、汚れもあまり付着していませんでしたので、軽いクリーニングを施し、家紋や家名の部分の白い色を入れ直したり、墓石の側面のお名前部分も綺麗に色を入れ直しました。

完成したお墓へ無事にご納骨を済まされたお客様には「納骨に間に合ってよかったです。土の部分が無くなったので、イノシシの被害も心配なくなりました。ありがとうございました!」とお喜びいただきました。

山の付近の墓地には、イノシシ除けの柵が設置されているところもありますが、今回ご依頼いただいたお墓のある付近では、以前はこのようなイノシシ被害はありませんでした。イノシシ被害があるという話を聞くことが増えたのは、ここ2~3年のことです。(環境の変化により、イノシシもエサを求めて活動範囲が変化しているのでしょう。)

土の中のミミズや根っこを求めてイノシシがやってきますので、今回、しっかりとコンクリートを打って対策したことで、二度と被害にあうことはありません。安心してお墓参りをしていただけたらと思います^^